うつ病の症状と治療法について詳しく知る!

うつ病の症状と治療法について詳しく知る!

うつ病の症状と治療法について詳しく知る!
うつ病の治療の基本は?

うつ病は心の風といわれるくらい誰にでも起こりうる心の病です。精神的な症状と身体的な症状があり両方現れることも珍しくありません。治療の基本は薬物治療と睡眠と休養です。治療はすぐに効果が現れる人もいますが、多くは数か月から数年かかることもあります。治ったと思ったら再発することもあります。医師の指導の下で治療を続けていきますが、勝手に薬をやめてしまうと再発することがあるので、薬は勝手にやめてはいけません。

うつ病の症状について

うつ病の症状はさまざなものがあります。何をしても楽しくない、気持ちが沈む、やる気が出ない、イライラする、集中力の低下、疲労感などがあります。ほかに、眠れないあるいは夜中や早朝に目が覚めてしまう、食欲がわかないなどの症状がでます。食欲がないのであまり食べられず、やせてしまうこともあります。また眠れないので日中仕事に身が入らずボーっとしていることもあります。さらにひどくなると自分を責めたり、死にたいとさえ思うこともあります。

うつ病の治療法とは?

うつ病の治療法としてはまず休養するということです。うつ病になる人はまじめな人が多いので、仕事や家事など頑張りすぎてエネルギーを使い果たしているのです。そこでゆっくり休養をとることが大事です。同時に睡眠を十分にとります。どうしても眠れなけば適切な量の睡眠薬をとる事も有効です。また、治療が進むと睡眠がとれるようになってきます。うつ病の主体になるのは薬物治療です。主に抗うつ剤が使われます。そのほかに抗不安薬や睡眠薬を併用して治療することもあります。また行動療法という治療法もあります。行動療法は考え方をコントロールすることで気持ちを楽にしていく方法です。

うつ病の症状は放っておくと徐々に酷くなりますので、家族や周囲がサポートをして早めに受診をする事が大切です。

No comments.